【君が代の意味】
君が代のさざれ石…
小松に実在しているのです。
小さな石が時間をかけて、大きな岩となる。
夫婦の絆で、時間をかけてこれからの家庭が強固なものなりますように…
結婚式にも通ずるものがあるように感じました!
実は素敵な意味の君が代にとても驚きました。
————————
「千代に八千代に
さざれ石の巌となりて
苔のむすまで」
————————
千年も八千年も生まれ変わっても永遠に、
小さな石が大きな岩になるように、時間をかけて協力、団結して、
固く絆を育てていきましょう。

という意味があるそうです。
(諸説あり。)